上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.23 MMOパロ
はやりのMMOものを書きたいと思ったのですが、単なるパロになってしまいました。
しかも設定考えただけで満足してしまいました。
世界観としては、よくあるテンプレMMOものと同じようなものです。
俺の厨二心が疼くぜ!!

一応ワンクッション置いておきますので、大丈夫そうな方は追記からどうぞ。


・椿

職業:エレメンタルマスター。特殊スキル:君臨者。隠しスキル有。
一大ギルド「花影」の現ギルドマスター。
亡国の王族の末裔だったり魔獣の血を引いているとかいないとか。
身体能力は皆無だが魔術面においては微チート。
統治者補正で武力、政治力、統率力は良好。
マスターとしての役割は果たすが表立って顔出しはしていないため、ほとんどのギルメンにすら姿を知られていない。
さまざまな方面に顔の利く、結構な需要人物。
どこに行くにも一匹の子猫を連れている。

『シロ』……椿に飼われている魔獣。普段は子獅子サイズ。犬○叉の雲母のような感じで想像していただければ。

『花影』……さまざまな人間が所属する特大ギルド。各方面に広がるパイプと影響力は馬鹿にできない。来る者拒まず去る者追わずの放任主義だが、「ギルドをどう利用するのもかまわないが、害なす奴はぶち殺す」がモットー。マスターはギルド創設者の直系に受け継がれていく世襲制。「実力がすべて」という輩が多いため、まだ年若い(らしい)ギルマスにも反感を持つ者は少ない。

『魔獣』……意思を持った魔物。魔獣と言っても、人型であったり獣型であったりとさまざま。魔物と違ってかなり少ないが段違いに強い。といってもピンキリ。

『魔物』……意思を持たず理性もない化物。

『特殊スキル・隠しスキル』……通常スキルとは違い、個人に顕現する異質スキル。レア。



・エリカ

職業:アーティスト。
「花影」に所属する放浪者。冒険者ランク:E。
入れる場所が増えるからというだけでギルドに籍を置いているため、積極的にクエストをこなすわけではない。
そのため冒険者ランクは低い。が、反比例するように実力が高い。
基本スペックが高く、戦闘方面はアーティストの癖してアーティストらしくない。
花影七不思議「お化粧ダンジョン」の正体。

『冒険者ランク』……「花影」だけでなく、すべてのギルドを通したランク付け。ランクはS~Gまでの八つ。

『クエスト』……ギルドを通して与えられる仕事の総称。本部や支部の掲示板に張り出されているため、手続きをすればすぐに請けられる。

『花影七不思議』……ギルド「花影」で噂されている七つの怪奇。正直くだらないものばかり。



・桜

職業:プリースト。
ブルーム帝国のヒラ神官。
一応プリーストではあるが、実際はネクロマンサー。信心の欠片もない。
死霊術や呪詛術等、黒魔術のほうが得意。
本人の戦闘能力が低く魔術も一般レベルの域を出ないため、矢面に立つことはできない。

『ブルーム帝国』……比較的開放的でさまざまな人種が暮らしている。帝都に「花影」の本部がある。



・アマリリス

職業:町娘。特殊スキル:無限。
城下町で暮らす、おしゃべり好きの歩く災害。
城下町で暮らしているといってもよく出歩いており、さまざまな場所で目撃情報が寄せられている。
善行も為すがそれ以上に怨みも買う。被害者を増やさぬようにと賞金すらかけられていない。
見かけたらとにかくひたすら離れることが第一。



・ムスカリ

職業:セージ。特殊スキル:誘惑・鷹の目・絶対補正。
「花影」の実質№2。実際にギルド管理を行っているのはこの人。
サブマスというわけではなく、あくまでギルマスのサポートが本分。
が、ギルマスが進んで仕事をしないため仕事範囲が半端ない。
集会諸々にお偉いさんとして顔を出すのはムスカリのため、この人がギルマスだと思っているギルメンもちらほら存在する。
ギルマスと同じく身体能力はないが、その他は優秀。補佐の鏡。

『集会』……月に一度、ギルメン限定で本部で開かれる交流会のようなもの。交流会といっても所詮癖有者の集まりなので平穏に終わることは稀。普段よりも人が集まるため、成果披露や情報交換の場として活用できる。



・トリカブト

職業:アルケミスト。
城下町の一角に店を構える薬屋。
ポーション等安くてよく効くと評判。
たまに妙な効能がついてきたりしても、店主の人柄からおちゃめで許される。
ある種のロシアンルーレット。
戦闘力はあまりないが、いざというときは森のお友達が手助けしてくれる。



・御辞儀草

職業:ファイター。特殊スキル:奇運。
つい最近「花影」に登録した新米冒険者。冒険者ランク:G。
駆け出しのためまだ職業階級も冒険者ランクも低い。高ランククエストを請けようとしては担当者に止められる毎日。
幼い頃から修行はしていたため戦闘力はそれなり。現在スタイル模索中。
俺たちの冒険はこれからだ!

『高ランククエスト』……ギルドに寄せられたクエストの中でも難易度の高いクエスト。クエストのランクはS~Gがあり、S~Bランクがこれに該当するが、Sランクのクエストは滅多に入ってこない。



・ラベンダー

職業:ウィザード。
「花影」に所属する、ムスカリの秘書。結構なたたき上げ事務員。
冒険者ではないが、秘書になり上司にあれやこれやとやらされているうちにウィザードにまでなってしまった努力の人。
攻撃よりも補助魔法に長ける。
ギルマスは出てこず上司はほぼ机に向かっているため表に顔を出すことが多く、ギルド2トップよりもよほどギルドの顔らしくなっている。



・姫女苑

職業:モンク。
最近上京してきて新しく入った「花影」本部の受付嬢。
本部の受付嬢だけあって逞しい。どんな相手にも崩さないにっこりスマイルが売り。
その可愛らしい容姿で新人キラーとして名物になりつつある。
こちらもある意味でギルドの顔。
休日には弟の受注クエストについていってストレス解消したりもするいいお姉ちゃん。



・ハルジオン

職業:ファーマー。
「花影」に所属して日の浅い冒険者。冒険者ランク:D。
ギルド登録から日が浅いにも関わらず破竹の進撃を見せている新米メンバー。
その疲れた姿には姉の影がちらついているとかいないとか。
ファーマー? お前本当にファーマー? な戦闘力を誇る。
姉弟そろって武闘派。高い身体能力の代わりに、魔術はあまり得手ではない。



・芍薬

職業:剣聖。
ブルーム帝国の片田舎に隠居する元冒険者。
数々の伝説持ちで知る人ぞ知る武士。
隠居しているもののいまだ現役。

『数々の伝説』……本人曰く若気の至り。



・彼岸花

職業:皇女。
ブルーム帝国第一皇女。次期女帝。
広大な領地を有する帝国の皇位第一位継承者。強く気高く美しく、が信条。
真っ直ぐな心根と何事にも真摯に向き合う姿勢から、城内や民からの人望は厚い。
が、皇族でありながら武術や魔術の才に恵まれず何一つ秀でた才がないことを恥じており、無能な己が皇位を継いでもいいのかと思い悩んでいる。
そのため日々の努力は惜しまず、堅実に実力をつけていっている。

『次期女帝』……ブルーム帝国に男尊女卑の考えはなく、歴史の中には数々の女帝も存在する。力を尊ぶ傾向がある。



・牡丹

職業:パラディン。
ブルーム近衛騎士団に所属する女騎士。
気安い性分に反して、どのような任務も軽くこなす近衛騎士団の精鋭。
基本スペックの高い万能型で武術も魔術も優秀。
反面少々詰めが甘く、渡らずともすむ危ない橋を渡ることも多々。
一匹の狼を連れている。

『ブルーム近衛騎士団』……国中の精鋭騎士を集めた精鋭集団――ではなく、前皇帝の「国としての面目が立つように騎士らしい奴集めた集団作ろうぜ」という思いつきで作られた団。近衛騎士の名に恥じぬだけの実力はあるが、言葉通りに「騎士らしい」騎士を集めた集団で、ここに属するのは言葉通りの騎士然とした人間か文字通りの実力で選ばれた人間の二種類。しかし圧倒的に前者が多いため、堅苦しいイメージが抜けない。

『狼』……牡丹の相棒の魔獣。息の合ったコンビネーション技は完成度が高い。



・瓢箪

職業:ソーサラー。
城下町の一角で酒屋を営む少年の姿をした店主。たまに少年ではなくなるらしい。
どの世代の人間に尋ねても「私が生まれたときから生きている」といわれており年齢不詳。
一部では魔獣との混血だという噂。他にも噂話には事欠かない人物。
長く生きているからかどうかなのか能力は高いが、「魔術というよりは妖術」らしい。



・竜舌蘭

職業:アサシン。特殊スキル:隠密。
他国から差し向けられた暗殺者。現在は密偵としてブルーム帝国に滞在中。
暗殺者は謎が多いほうがかっこいい。



・オオイヌノフグリ

職業:貴族令嬢。隠しスキル有。
「花影」本部の食堂に勤める少女。
愛らしい容姿と性格でむさ苦しい食堂を彩る食堂の花。おっさんキラー。
没落しかかった貴族の娘で、有するスキルから利用されそうになっていたところを幼馴染に手を引かれ家を出た。
花影七不思議「どんまいおっさん」の原因。



・ひまわり

職業:牧童。
「花影」本部で飼育している動物の世話をしている少年。
冒険者たちに可愛がられており、暇があれば修行をつけてもらったりしている。将来有望。
彼の世話した動物は調子がいいとなかなかの評判。おばさんキラー。
元は孤児で、働いていた屋敷の貴族の行動が目にあまり、害が及ぶ前にとその屋敷の娘を連れて屋敷を出た。



・朝顔

職業:サマナー。
元魔術局局員で現ダンジョン臨時運営者。
局員時代に訪れたダンジョンの主人と親しくなり、その主人の遺言でダンジョンを譲り受けた。
ときおりダンジョンを閉ざしてはふらっと出かけたりもする。
召喚士としての腕はなかなか。力押しよりも頭を使うほうが得意。ダンジョン改変がひどい。

『ダンジョン』……世界中に存在する、色々な仕掛けの施された場所。建物であったり洞窟であったり森中であったりと、場所はさまざま。ダンジョンには貴重なアイテムが存在していることが多く、魔物や魔獣も住みついている。そのため、ダンジョン攻略は冒険者の主だった目的のひとつである。ダンジョンにもランクがあり、高ランクになればなるほど難易度も上がるため注意が必要。



・水仙

職業:メイジ。
魔術局に属する魔術師。
学院時代をはじめ下積み時代が長く、基礎がしっかりとしており底力も馬鹿にできない。
正統派魔術師を目指そうとしているものの、別方面の才能有。
普段は縁の下の力持ちの要素が強い。



・ハイビスカス

職業:ドラグーン。
「花影」とは別のギルドに所属する冒険者。冒険者ランク:B。
高い実力と人柄で若いながらも多くの人間に慕われている、姐御肌の冒険者。
一度ギルドパーティで高ランクのダンジョンをクリアしており、冒険者界隈ではそこそこ名の知れた著名人。
得意なことを伸ばしつつ苦手も克服していこうと、最近は魔術の修行にも力を入れている。

『別ギルド』……ギルドにはそれぞれ特色があり、彼女が所属しているのは小規模ながらも粒揃いのギルメン同士の繋がりが強いギルド。ちなみに「花影」は自由度が高くピンキリの差が激しい特大ギルド。





ぱっと設定を思いついた方々。
気分が乗ってうちの子こんなのだよっていうのがあれば教えてくだされば嬉しいです。
名前の改変とか好きなのでファンタジー風に変えたりもしてみたい。

気が向いたときにでもこの設定で書いてみたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yahuhuhuhu.blog119.fc2.com/tb.php/51-43e85fec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。